どのような時に収入を証明する書面が必要か

キャッシングでは、たまに収入源を証明する書面が必要になる事があります。何せ利用者からお金を返してもらう事によって成立している商品ですので、金融会社としては収入源を気にしていることも多いからです。収入が不安定とみなされると、お断りになる事例もあるのですが。

ではどのような書面が必要になるかというと、例えば給与明細書です。比較的最近に発行されている明細書が有効で、1年前などではありません。また源泉徴収票なども有効です。

しかし自営の方などは、そのような書面が無いことも多いです。その場合は、確定申告書などでも構いません。

ところでその書面は「必ず」必要という訳ではありません。借りようと思っている金額によっては、それが必要ない事もあるのです。多くの金融業者は、そのボーダーラインを50万円と設定しています。すなわち50万円以上ならば上記の書面が必要で、その逆の時は不要という事になります。もちろんその水準は、金融会社によって様々なのですが。

ただし商品によっては、どのような状況でもその書面が必要に事もあります。例えばある銀行の場合は、申込希望者は全ての方がその書面が必要と明示をしています。ですので上記のような書面が必要になるか否かは、金融会社次第という事になります。

関連記事

    審査にて他の会社での状況が確認される

    キャッシングでは、他の会社での状況を見られます。 そもそもこの商品で申込をしている方は、新規の方だけとは限りません。中には既に別の所で借りている方もいらっしゃるのです。 例えばAさんという方が、ある時にB社に新規の申込をしたとします。そしてAさんは既にC社にて借りていたとしましょう。その際... 記事を読む

    その日のうちに借りるなら

    キャッシングを利用したいというシチュエーションは大抵の場合突然にやってきます。しかもその日のうちに現金が必要など、なかなか普通の解決手段では対処できないようなこともままあります。 そんな人に利用をお勧めしたいのが、無人契約機です。街中にそうしたキャッシングを契約することのできるコーナーが各社... 記事を読む

    金融会社からの電話とその例外

    キャッシングでの申込みでは、たいていの会社は職場に架け電をしています。というのも金融会社としては、申込みをしてきた方のデータの事実を確認しているものです。申し込み書に記載されている勤務先が本当なのかどうかを確認するために、架け電をしている訳ですね。 そのやり取りは、とても簡単なものになります... 記事を読む

このページの先頭へ